目次

生ドーナツ、生マシュマロ、生っぽメイクなど、スイーツ業界でもメイク業界でも人気の「生」。じつは最近、ネイル業界にもこの流行が押し寄せてきているようなのです。ちゅるんとした質感がとっても可愛い生ネイル。今回は、話題の生ネイルについて詳しく見ていきましょう。

生ネイルってどんなネイルなの?

 (523083)

いきなりですがあなたに質問です。
“生ネイル”って聞いたことありますか?

生ネイルとは、表面がちゅるちゅるで艶感たっぷりなネイルのこと。まるでグロスを塗ったリップのようにジューシーな質感のネイルデザインは、女性だけでなく男性の間でも人気のようです。

自爪にメイクをするような感じでほんのり色づける生ネイル。自分の爪がちゅるんちゅるんでジューシーな質感になっていくと、見ているだけでテンションが上がってきますよね。

そんな生ネイルですが、ポイントさえ押さえておけばセルフでも簡単にアートすることができます。

生ネイルで大切なのはちゅるちゅるの艶感

 (523082)

生ネイルで一番大切なのは、ちゅるんとしたツヤツヤの質感です。

そこで生ネイルをつくるときはまず、いかに艶を出すか、ということを考えてみましょう。同じピンクやベビーブルーといった薄めの色でも、自爪が見えないほどに塗ってしまうと艶感を出すことができません。生ネイルには、自爪の色が透けて見えるくらい透明感のある色が似合います。
わざわざクリアカラージェルやマニキュアを揃える必要はありませんので、ジェルを使う場合はクリアジェルを混ぜて、マニキュアを使う場合は薄め液を使ってクリアカラーを作ってみてください。

生ネイルにおすすめのカラー&アレンジとは

 (523084)

生ネイルに適しているカラーといえばやはり、ピンク色でしょう。自爪の色に赤みをプラスするイメージで、ほんのりピンクに色づくカラーをセレクトしてみてはいかがでしょうか。またライトベージュやライトブルー、ミントカラーなども可愛らしい雰囲気を出せるのでおすすめです。

次にデザインですが、クリアカラーを使う場合は爪全体に塗るのもいいですが、爪の真ん中を濃い目に、その周りを薄めにカラーリングしてチークネイルっぽい感じにしてみるのもおすすめです。またグラデーションアートにしたりカラーリングした後に微細ラメ入りのクリアジェルを塗ったり、といったアレンジもいいですね。

気分に合わせてストーンやパールをプラスしても、また違った雰囲気を楽しむことができます。



Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事

関連する記事

話題の“生ネイル”を徹底解剖!」に関連するキーワード

「話題の“生ネイル”を徹底解剖!」のライター