出会い方は変わってきている?

この忙しい現代社会において、男女が素敵な出会いが出来る機会はなかなか巡ってこないという状況でしょう。

普段のアフターファイブや週末に活動することも可能だったかもしれません。
出身校が同じとか、会社や知人の縁で知り合った男性や女性も確かにいます。
しかし、もっとたくさんの人と出会いたいと願うのは当然です。

一般的に知られている婚活の活動方法としては、結婚相談所に登録することや仲人になりそうな知人に相談してみるといったことから始めます。
現在の感覚では、仲人はちょっと古臭いと思う人の方が多いようです。
ポイントは、便利なのが自分で気軽に活動できることにあります。

そのような意味で、多くの人が他のツールを見つけています。

結婚相談所もインターネットで

まずは、一昔前から活動が盛んだった結婚相談所です。これは、事務所に赴いてイベントに参加したり、お見合い形式のお茶会などに参加するといったものです。
現在ではこのイベントをインターネットで探したり、お見合い相手をネット上の登録サイトで見られます。

このような婚活のメリットは、短時間で多くの人に出会えることです。年齢、身長、体重、学歴や年収など希望条件を登録しておけば、その条件の人が見つかるからです。

マッチングアプリを有効的に使おう

また最近では、マッチングアプリも充実していて、ネットでお話ができます。

会話をしてみないと相手がどのような性格で何に興味や好みがあるのかなど分かりません。
出会う方法としては、効率的でありお相手も同じような気持ちで活動しているので、話も進みやすくなります。

もしこれが、どこかの喫茶店などで待ちあわせて対面して話すとなると、相手とスケジュールの都合が付かないということもあるでしょう。

何気ないことをメール上で話すことにも魅力があるといえます。

コロナウイルスでデートはどうする?

昨今、コロナウイルスが猛威を振るい日々の生活が制限されています。

会社はリモートワークや時差出勤となり、自宅にいる時間が増えていることは確実です。

ほとんどの人が外出自粛を余儀なくされ、家の中にこもる苦しい状況となっているのが現実です。しかし、自由に婚活をする上では、忙しく時間が取れなかった男女には、格好の時間であるかもしれません。


それでは、デートはどうする?という悩みでてきそうです。
仕事もリモートですがデートもという声も上がってきています。

実は、ラインやアプリを使ってテレビ電話で楽しくおしゃべりする人がいます。

リモート宴会なども話題になっていますが、パソコン画面で話しても結構楽しめたという感想が多いです。

この状況を共有して絆を深めよう♡


これは、この状況を逆に楽しもうお互いに励ましあえるという効果が期待できます。

例えば、今まで仕事のことで頭が一杯になっていた人が、急に時間ができて異性と真剣に交際し結婚したいという願望も高くなるケースがあります。

目標がなくなったり、将来に不安を覚える人もいますが、そういった不安を誰かと共有して助け合いたいという気持ちも募ります。

東日本大震災の後には、結婚する人が増加したという事実からもうかがえるように、ふと自分を客観視する機会が訪れ、結婚したいと思うことが増えるのです。

確かに、なにか虚しさや寂しさが募ってきたとき、そばにいてくれる異性がいればいいのになと思うことでしょう。

出会いは自由で、大切なのは何を得られるか、や何を学んだり共感することが出来るのかということも重要です。


それは自然な心の趣です。部屋で気軽に異性と話すツールとしてマッチングアプリは心強い味方かもしれません。

今まで、インターネットより対面を重視されていた時代でした。しかし、このような機会に新しい発見や楽しみを見付け出すキッカケが与えられたと思えば、自在に試してみることも得策です。

関連する記事

コロナでどうする?おすすめの婚活&恋愛とは?」に関連するキーワード

「コロナでどうする?おすすめの婚活&恋愛とは?」のライター